NEWS

2018年09月20日
お洒落な照明器具で部屋のイメージを一新を更新。
2018年09月20日
空間演出を自由自在にしてくれる照明器具を更新。
2018年09月20日
手軽な模様替えなら照明器具が一番を更新。
2018年09月20日
考え込みがちな照明器具選びは通販が最適を更新。

あなたは知ってる?いろんな照明器具の種類と用途とは

照明器具は部屋の雰囲気を大きく左右する大事なアクセントです。昔に比べ北欧や欧米の影響を受けたデザインが流行るようになった現代では、照明はただの明るさをもたらす器具だけの用途ではなく、様々な種類の間接照明をつけて、色んなシーンに合わせておしゃれに演出するものになっています。照明器具と一言に言っても様々な種類があります。今回は器具の種類と用途についてまとめて見たいと思います。まずはブラケット。壁に取り付けるタイプで、上に向かって照明があたります。直接煌々と光が当たるわけではないので、ムーディーな雰囲気がでます。ダイニングテーブルの上に置くと素敵なのがペンダント。チェーンでつるされ、光のあたる料理をおいしく見せます。
最近は複数小さいスポットライトをつけるのも流行っています。床に向かって照らすのもいいですが、絵画や観葉植物などポイントに当てるのもいいでしょう。ソファの横や部屋のコーナーに置くと雰囲気が出るのがスタンドライト。間接照明としていくつか部屋に置いておくと便利なうえ、ラグジュアリーな雰囲気を演出できます。照明器具の購入を考えている場合、リフォームショップでも相談に乗ってくれるはずですが、業者に頼まず個人的に照明を購入したい、色んな照明をまとめてみて比較したいなら通販という方法もおすすめです。インテリア照明器具の通販サイトなら仲介業者を通すより安く購入できる場合も少なくありません。

照明器具の4タイプの色を知って使い分けよう

照明器具は部屋の表情を大きく変える大切なインテリアです。形や種類も大切ですが、照明器具の色も部屋の雰囲気を決める大切な要素です。照明の色には「昼光色」「昼白色」「温白色」「電球色」の4タイプがあります。昼白色は青白い色をしており、一番まぶしいと感じる色です。オフィスや塾、学校で使われるのがこのタイプです。家の勉強部屋、作業部屋にはこの色がいいかもしれません。リラックスした雰囲気を作りたいリビングにはオレンジ色の電球色がおすすめです。特に食卓の上に暖色のこの色を照明に使えば、料理が温かく美味しく見えるという研究結果もあります。ある程度の明るさが必要ですが、リビングと続いているキッチンはその中間の温白色がいいかもしれません。リビングがあまりに暗いのは困るけれど、ムーディーな雰囲気やリラックスしたい時に明るいすぎるのも嫌だと感じる場合は、リビング全体を照らす一番大きな一般照明を昼白色にし、ペンダントやスタンド、ブラケットといった部分照明を電球色にしてシーンに合わせて使い分けるといいでしょう。
こう考えると照明器具は種類の他にもその電球の色まで選択肢が広がり、決めるのが大変そうです。一度にたくさん見れてお気に入りを選びたい場合は、通販という方法がお手軽です。インテリア照明器具の通販サイトなら、お家にいながら色んなメーカーの照明器具を品定めすることが可能です。

トップへ